クリ吸引 「君がイッてる姿をもっと見たい。」そう言ってクリ攻めばかりする私のパパ。しかし、クリ攻めされても別に気持ちよくない。それどころかHすら気持ちいいと感じたことがありません。ただ、相手が望むからしてあげているくらいに思っています。Hを始めて1時間後、いい年してよく腰を動かすなと思うくらいパパはようやく満足してくれました。「私のクリ攻め気持ちいいか。」「そうだね。」「そうか、それは良かった。これから私は仕事だからこのお金で好きな物を買うといい。お釣りはいらないから。」「わーい。ありがとうパパ。」そう言ってパパは家から出ていきました。 パパとの出会いは私が20歳の頃に始めた出会い系でした。仕事もしたくなかった私は、体を使っても仕事しないで済むようなパパを作りたいと探している時に今の人を見つけました。優しく、基本ブスは嫌いなパパなので身だしなみには気を遣っています。 パパが部屋から出て言った1時間後に別の人が家に訪れました。「舞、会いたかった。」「私も。」そう、私は男性には興味がありません。私が好きになるのは女性。だから、私には彼氏はいません。今は彼女がいます。「また、あのハゲとHしたの。」「うん。」「じゃぁ、私が洗ってあげる。」そう言って私達は風呂場に行きお互いの体を洗い流しました。「もうあのハゲと別れたら。」「もう少しお金を貢いだらね。そしたら一緒に過ごそう。」「うん。」彼女は私にキスをしてくれました。やはり、男より女だなと感じる瞬間でした。 クリバイブ クリ吸引

クリ攻め

448
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

まだ記事はありません

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.